花粉症対策の基本は手洗いやうがい

冬が終わりに近づき春の気配を感じられる季節になってくると一気に植物は活発化するようになり、その頃から花粉を空気中に大量飛散させるようになりますが、植物からすると花粉を放出して子孫を残すという行いをしているだけです。
しかし、その花粉に対して耐性が弱い人が増えていることもあって今や花粉は憎い花粉症を作り出すきっかけの物質としての印象が強くなっていて春先になると花粉症対策の一環としてマスクやメガネ姿の人が増えてきます。
マスクやメガネなどは花粉症対策の基本中の基本といえる対策ですが、装着している間は眼や口、鼻に花粉が侵入することを遮断することができるので確かに対策としては有効な方法になります。
しかし、すべてを完全にシャットアウトすることができるわけではなく花粉症対策をしっかりしていても喉や鼻に花粉が付着している可能性は否めないので自宅に帰ったら必ず手洗いやうがいをして付着している花粉を洗い流すようにしましょう。
手洗いやうがいの方法についてはインフルエンザや風邪対策をする場合と同じような方法で構いませんが、それ以外にも洗顔をして顔に付着した花粉を洗い流すということも対策としては需要なポイントになります。
どちらにしても手洗いやうがいをする習慣を身につけるというのは花粉症対策だけでなく他の病気リスクを低減するためにも有効な方法になってくるため、日頃からきちんと行って癖つけるということも大切です。

コメントを残す